Select Language ITPO IGF IHF ISF Osaka 2018

展示会について

About

39th

IGF OSAKA

第39回 インド衣料品展(39th India Garment Fair 2018

2018年7月18日(水)から20日(金)までの3日間、「第39回インド衣料品展」をマイドームおおさかにて開催します。

今年で39回目を迎えます同展示会には、約50社のインド企業の出展が見込まれており、インド綿を中心としてさまざまな素材の風合いを生かした紳士・婦人・子供/ベビー用衣類から、バッグ・ショールなどファッションアクセサリーまでを展示し、皆様のご来場をお待ちしております。

日本とインドは近年ますます経済的に協調関係を深めており、とくに衣料品分野においては、インドから日本への輸入量、額ともに増加は著しく今後さらなる成長が見込まれます。「第39回インド衣料品展」は、目覚しい発展を続けるインドのアパレル商品の現在の品質を手にとってご確認いただき、また出展社と直接コミュニケーションしていただくことのできる貴重な機会かと存じます。

また、弊局ではインドから輸入をお考えの日本企業の皆様に、輸入希望の商品を弊局に登録して頂き、同商品を扱っているインド企業から御社に直接ご連絡をさせて頂く形の「引合希望企業登録サービス」を無料で行っております。取り引きをお考えの方は、裏面の引合希望企業登録申請書をご記入になり、ファックスもしくは郵送にて弊局までご返送下さい。

ご繁忙のところ大変恐縮ではございますが、「第39回インド衣料品展」にぜひご来場いただきますよう重ねてお願い申し上げます。

展示会名称 第39回インド衣料品展(39th India Garment Fair 2018)
開催日 平成30年7月18日(水)〜20日(金)
会場 マイドームおおさか(大阪府中央区)
展示製品 紳士服、婦人服、子供服、ファッションバッグ、ファッションアクセサリー、衣料用織物など

29th

IHF OSAKA

第29回 インド家庭用品展(29th India Home Furnishing Fair 2018

2018年7月18日(水)から20日(金)までの3日間、「第29回インド家庭用品展」をマイドームおおさかにて開催します。

今年で29回目を迎えます同展示会には、約30社のインド企業の出展が見込まれております。世界中でインド製インテリア繊維商品の人気が高まる中、インド家庭用品展では、日本のバイヤーの皆様にご満足頂けるデザイン・品質の商品を数多く取り揃え、ご来場をお待ち申し上げております。是非一度ご来場頂き、インド繊維産業の持つ可能性を確かめて頂ければ幸いに存じます。

また、弊局ではインドから輸入をお考えの日本企業の皆様に、輸入希望の商品を弊局に登録して頂き、同商品を扱っている弊局メンバー企業から御社に直接ご連絡をさせて頂く形の「引合希望企業登録サービス」を無料で行っております。お取り引きをお考えの方は、裏面の引合希望企業登録申請書をご記入になり、ファックスもしくは郵送にて弊局までご返送下さい。

ご繁忙の折、大変恐縮ではございますが「第29回インド家庭用品展」に、是非御来場賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

展示会名称 第29回インド家庭用品展(29th India Home Furnishing Fair 2018)
開催日 平成30年7月18日(水)〜20日(金)
会場 マイドームおおさか(大阪府中央区)
展示製品 インテリファブリック、テーブルリネン、ベッドリネン、カーテン、クッションカバー、ラグ・カーペットなど

1st

ISF OSAKA

第1回 インドシルクフェア(1st India Silk Fair 2018

2018年7月18日(水)から20日(金)までの3日間、「第1回 インドシルクフェア」をマイドームおおさかにて開催します。

2インドは シルク産業で2番目の大きい市場であります。シルク生糸の生産量はインド全体の97%程度5つのインド州、カルナータカ、アンドラプラデシ、タミルナド、ウェスト・ベンガル、およびジャム&カシミールに生産されてます。

インドシルクの種類

Muga Silk ムガシルク(ムガ蚕/原産地:アッサム州)
特徴:SomやKatmar treeの葉を食べて育つ。金色の輝きを持ち、大変高価なシルク。手回し器械での紬ぎ。
Muga Gicha Silk ムガギチャシルク
Muga Silkの繭の中に残った部分を集め、手紬ぎしたもの。
Muga Takri Silk ムガタクリシルク(原産地:アッサム州)
Muga Silkを手紬ぎし、素焼きのポット(Matka)の上でローリングすることで、波のような形状に仕上げたシルク。ショールにした際、波打つシルクが光に輝き、大変美しい光沢を与えてくれます。手紬ぎ。
Eri Silk エリシルク(エリ蚕/原産地:アッサム州)
特徴:Castar treeの葉を食べて育つ。白く柔らかい肌触りが特徴。大変保温性に優れたシルク。手紬ぎ。
Tussar Silk タッサーシルク(タッサー蚕/原産地:アッサム州)
特徴:Arujun treeの葉を食べて育つ。褐色で大変厚く、硬いのが特徴。手紬ぎ。
Oak Tussar Silk オークタッサーシルク(原産地:ウッタランチャル州)
特徴:ウッタランチャル州の高山に群生するOak treeの葉を食べて育つ。褐色で光沢があるのが特徴。手紬ぎ。
Mulberry Silk マルベリーシルク(桑蚕/原産地:カルナータカ州)
特徴:桑の木の葉を食べて育つ。白く、柔らかいのが特徴。 手回し器械での紬ぎ。

排他的なインドシルクテキスタイル 、衣服、シルクスカーフ、シルク混紡製品、ファッションアクセサリー、服飾雑貨、特に日本の好みを視野に入れながら、流行の予測やカラートレンドを考慮して生産されています。

ご繁忙の折、大変恐縮ではございますが「第1回 インドシルクフェア」に、是非御来場賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

展示会名称 第1回インドシルクフェア(1st India Silk Fair 2018)
開催日 平成30年7月18日(水)〜20日(金)
会場 マイドームおおさか(大阪府中央区)
展示製品 シルクスカーフ、シルク混紡製品、タッサーシルク、マトカシルク、カーペット、ホームテキスタイル、ファッションアクセサリー、アクセサリーのパーツ、服飾雑貨

展示会概要About Fair

展示会名称 第39回インド衣料品展・第29回インド家庭用品展・第1回インドシルクフェア
開催日 平成30年7月18日(水)〜20日(金)
会場 マイドームおおさか 2階(〒540-0029 大阪府中央区本町橋2-5)
展示製品 7月18日(水) 10:30 〜 17:30
7月19日(木) 9:30 〜 17:30
7月20日(金) 9:30 〜 17:30
展示製品 紳士服・婦人服・子供服・ファッション・アクセサリー(ショール・ストール・ベルト・バッグ等)・衣料用生地・インテリアファブリック各種・ベッドリネン・テーブルリネン・キッチンファブリック・カーテン・クッションカバー・ラグ類、シルク類
来場者プロフィール 商社・輸入業、卸業、小売業、製造業、プレス、団体・協会、デザイナー、その他服飾・ホームファニシング関連業
後援(予定) 外務省、経済産業省、近畿経済産業局、インド大使館、大阪府庁、神戸市庁、日本貿易振興機構、日本商工会議所、大阪商工会議所、神戸商工会議所、在日インド商業会議所、インド総領事館、公益財団法人 日印協会、日本商工会議所・日印経済委員会、一般財団法人 対日貿易投資交流促進協会、一般財団法人 生活用品振興センター、公益社団法人 大阪産業振興機構、一般社団法人 日本インテリアファブリックス協会、日本小売業協会、日本百貨店協会、日本繊維輸入組合、日本チェーンストア協会、一般社団法人 全日本ギフト用品協会、日本チェーンドラッグストア協会、一般社団法人 日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会、公益社団法人 インテリア産業協会
出展予定社数 約100社
入場 無料(業界関係者または招待状持参の方)

招待状をご希望の方は日本窓口の日印国際産業振興協会まで電子メールもしくはファックスにて申し込み下さい。